インプラントは歯だけでなく全身治療

>

感染症と傷口の回復

インプラント治療は外科手術

インプラン治療は抜歯や出血を伴う外科手術である。
普通の歯科治療ではなく、口腔外科による大掛かりな治療が不可欠である。
インプラント治療はその治療期間が長いのも特徴の一つであるため、頼れるパートナーが必要である。
ここで言う、頼れるパートナーとはインプラン治療に特化した認定資格を持った歯科医が治療に必要不可欠な存在だ。
手術をして、それで終わりではないので長い目で見守っていく必要がある。
事前に歯科医のホームページで歯科医の経歴をチェックするのも一つの方法である。
何軒かの歯科医院を訪ねて話を聞いてみて、その費用、歯科医との相性も含めてベストなパートナーを見つけ出すことがインプラン治療の成功につながっていく。

治療後も定期的なメンテナンスが必要

インプラン治療は手術が終わったら、治療が完結するわけではない。
手術後も定期的に歯科医院へ通い、術後観察や感染症やインプラント周囲炎を予防するためにつ歯磨きを徹底的に行い、口の中を清潔に保ち続けることが必要である。
インプラントは骨に直接人工の歯を埋め込み、半永久的に使用する。
そのために治療に関して、長い目で見持っていくことが必要である。
毎日の自己ケア、定期的なメンテナンスを続けていくことがインプラントをいつまでも快適に使うことが出来る。
例え人工の歯であってもその歯がダメになったら、また新しい人工の歯をつけるというわけにはいかない。
自然にある元々の歯と同じくらい大切にし、あるいはそれ以上のケアをして術後の状態を保ち続けなくてはならない。


この記事をシェアする