インプラントは歯だけでなく全身治療

持病があってもインプラント治療は受けられる?

糖尿病と貧血は回復を遠ざける

生活を送る上で必要不可欠である食を支える「歯」。
もしそれに治療が必要の時、選択肢の一つにインプラント治療がある。
入れ歯やブリッジとは違い、インプラント治療は骨に直接、人口の歯を埋め込み半永久的に自分の歯として使用していく。
しかし治療には外科手術が必要である。
手術をするにはそれに耐えうる健康な身体である必要がある。
手術に耐えるには手術によって発生してしまう出血を抑えなくてはならない。
しかし糖尿病を患っている場合は血糖値のコントールがしにくいという特徴がある。
肝硬変の場合は、「アルブミン」という血液中のタンパク質の合成が難しい、血液を固めるという因子の合成も不十分でないことも特徴の一つである。
土台である骨の状態もきちんと調べておく必要がある。
骨粗しょう症で骨の量が少ない、人工の歯を埋め込むだけの強度が必要である。
骨粗しょう症の場合は骨を強くする薬を処方してもらい、特別な処置をして準備しておく必要がある。
それには手術前に身体全体のレントゲン検査を受けて、歯や骨だけではなく全ての状態をきちんと調べておく必要がある。
また術後の回復には免疫力が必要である。
さらには自分自身で口の中を清潔にして細菌による感染症を防ぐ、歯科医に通って定期的なメンテナンスが必要不可欠である。
インプラント治療は限りなく本物の歯であることと引き換えに、外科手術が必要になり副作用や感染症といったリスクを伴う。
自分の今の身体の状態を入念に検査をして医師の意見や自分の希望を総合して一番合った治療を選ぶべきである。

おすすめリンク

歯医者さんを代官山で探すなら

オシャレな街代官山で歯医者さんを探すならどんなポイントをおさえると失敗せずに選べると思いますか?